トップページ > 事務所案内 > 税理士紹介

税理士紹介

相川 剛志

ご挨拶

相川・長谷川会計事務所のホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

私はもともと国税におりましたが、10年前に税理士へ転身いたしました。課税する側から課税される側というまったく真逆の立場となったのですが、だからこそ課税する側の考え方や発想を踏まえた支援ができると考えております。役所とお客さまの通訳代わり、橋渡し的な存在になれれば幸いです。

お客さまにはしっかりと利益を上げていただき、減税措置制度を活用しながら節税しつつ、適切に納税していただく。これが一番です。その助けとなるべく、第三者目線でヒントや気づきを与えるのが税理士の役割といえます。そのためにも、何でも言っていただける関係性をお客さまと構築し、じっくりと向き合ってまいりたいと考えております。

お客さまと当事務所がともに成長できれば、これほど嬉しいことはありません。そのためにも、私の経験をフルに活用してお手伝いしてまいりますので、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

相川 剛志


長谷川 秀則

ご挨拶

みなさんこんにちは。

私も相川と同じように、税務職員として30年間勤務しておりました。プライベートでも会社の経営者と話すと「お前は公務員だから……」「お前は税務職員だから……」という目で見られることも多く、「税務職員としてではなく、経営者側の立場に立ったらどうなるんだろうか?」と思ったのが、国税から税理士に転身するきっかけとなりました。今では経営者様と税金のことだけでなく、会社の経営のことなど幅広い話ができるようになったことにやりがいを感じております。

毎月の売上や利益の積み重ねがあるからこそ、企業は伸びていきます。税理士として毎月の経営状況を数字で経営者様にお伝えし、未来を見据えることが私のもっとも重要な役割です。一方的に提案やアドバイスをするのではなく、「この先どうですか?」「これからどうしましょうか?」と一緒に考えていく姿勢を大切にしております。

お客さまとともに悩み、ともに苦しみ、ともに成長していける。そんなパートナーでありたいと考えております。ご期待に添えるよう誠心誠意対応いたしますので、安心してご相談ください。

長谷川 秀則